・公示価格・路線価・評価額は不動産売却金額の参考にすべきか?


「地価公示価格」という言葉はご存知でしょうか?










おそらく一度くらい耳にしたことがあるかと思われますが、









「公示価格」以外にも「基準地価」、「路線価(相続税路線価)」、「固定資産税評価額」








というものがありまして複雑なのですが、下記にそれぞれどうゆうものか記載しましたのでご確認ください。










@ 「公示価格」
国土交通省が毎年3月に公表するその年の1月1日時点の全国の土地価格。

去年の公示価格についてはこちらをご参照ください。↓
http://www.land.mlit.go.jp/landPrice/AriaServlet?MOD=2&TYP=0

A 「基準地価」
都道府県が毎年9月に公表するその年の7月1日時点の全国の土地価格。


B 「路線価(相続税路線価)」
国税庁が毎年7月に公表するその年の1月1日時点の路線に面する土地の評価額。公示価格の約8割となっており、相続税や贈与税の課税価格を計算する目安となります。


C 「固定資産税評価額」
固定資産税を賦課するための基準となる評価額。評価額は3年に1度見直され、公示価格の約7割となります。









とまぁ、非常にややこしいことになっております。










では、あなたの大切な不動産を売却される際に@〜Cのどれを最も気にしないといけないかといいますと









どれでもなく、実際に取引されている価格を気にしなくてはいけません!










そこで必要となってくるのがやはり地域相場に詳しい不動産会社なんですね。
上記@〜Cの価格はあくまで参考価格と考えてください。









ではその地域相場に詳しい不動産会社はどうやって見つければよいのか。

分からない.jpg







地域相場に詳しい不動産会社はその地域によってももちろん異なりますし、何件も不動産会社に電話したり訪問したりしていると時間と手間がかかります。また不動産会社の重い扉の門を幾つもたたくのはストレスも感じられると思われます。








ここで役立つのが1分ほどの入力だけで地域相場に詳しい複数の不動産会社の見積(査定額)が確認できる







不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)です。











いきなり不動産会社に電話や訪問をするのではなく、まずはWEB(ネット)でのオンライン一括査定サイトを利用し、あなたが売却を検討している不動産の価格を事前に確認しておいてください。すぐに売れるよう安い見積(査定額)を提示してくる不動産会社に騙されるリスクがこれだけで下がります。









その見積(査定額)を基準にし、不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)で見つけた信頼できそうな不動産会社に依頼するも良し、毎週あなたのお家に広告が入る他社に相談・依頼するも良しです。









ちなみに不動産ネット査定(オンライン一括査定サイト)は完全無料!です。









現在、様々な不動産一括査定サイトが出回っていますが、日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」が最もオススメです。↓
日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」〜簡単1分!完全無料!あなたの不動産の地価・相場を今すぐ確認!〜



☆「イエイ」がオススメである10の理由

@日本で最初に不動産一括査定サービスを始めたパイオニアサイトである。(10年間の実績有り)
A加盟している不動産会社の数が全国1,000社以上あり、エリアカバー率は圧倒的No.1を誇っている。
加盟している不動産会社の一部↓
イエイ2016加盟企業.png
B現在までに国内最多の150万人以上が利用している。(毎月3,000件以上の査定依頼あり!)
Cお客様からの評判が悪い・クレームが多い不動産会社は加盟契約が解除されるシステムを採用しており、厳選された優良な不動産会社が査定額を提示してくれる。
D顧客満足度97%!
E査定額に納得いかなければ、気軽にお断りが可能である。ご自身で断りづらい場合などは、イエイが不動産会社へ代行連絡し、お断りもしてくれます。
F「とりあえず所有している不動産の現在価格が知りたいだけ。」という方でもご利用OK!
G室内を見られたくない場合は机上査定での相場確認も可能!
H最初から最後まで一切費用がかからない。
I入力はわずか60秒、あとは連絡を待つだけでOK!(24時間、年中無休で受付中!)








しかも今なら売却が決まれば、お祝い金として最大10万円分の商品券が全員貰えます!!









特にここ最近は北海道、東京、千葉、神奈川、埼玉、愛知、大阪、兵庫、京都、広島、福岡・沖縄の不動産、さらに駅徒歩10分圏内の中古マンション商業地の土地・建物は非常に高値で売買されておりますので、上記地域の不動産の売却を少しでも検討されているのであれば是非一度、地価・相場を確認され、納得できる査定額なのであれば思い切って売却されるべきです!


参考記事↓

中古マンション、都心は底値から4割高 〜一部エリアではリーマン前の水準を突破〜

湾岸タワーマンションの高騰がまだ続く理由

昨年2,000万で購入した投資用不動産を、不動産会社が2,500万で売ってくれと言ってきました。

公示地価、住宅地9年ぶり上昇 低金利けん引







※杭打ちデータ偽装で横浜の傾いたマンションが大々的に報じられましたが、その影響から新築マンションよりも築10年以上欠陥の出ていない中古マンションが最近注目されてきています。また新築マンションは価格の高騰もあり市場は大きく冷え込んでいる反面、中古マンション市場は活況が続いている状態で、10年以上欠陥の出ていない中古マンションは今なら高値で売れる可能性が高いです!!!

参考記事↓
築10年過ぎて欠陥出なければ「もう安心」 マンション市場冷え込む中で中古見直し
http://www.j-cast.com/2015/11/01249449.html

新築マンション販売、1992年以来の低水準 首都圏で不振(2017年2月)
http://www.asahi.com/articles/ASK2N44RXK2NULFA00C.html









ご存知と思いますが、不動産の金額・相場というものは変動します。少しでも高く売れる内に、賢く売却を済ませてしまいましょう!!









不動産一括査定サイト「イエイ」で今すぐご所有不動産の相場を確認されるあなたはこちら!↓
日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」〜簡単1分!完全無料!あなたの不動産の地価・相場を今すぐ確認!〜














不動産一括査定サイト「イエイ」の具体的なご利用方法・手順・入力内容はこちらをご参照ください。⇓
不動産一括査定サイト「イエイ」のご利用方法・手順・入力内容の説明。











不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)の利用を躊躇されているのであれば、不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)を利用された方の声を一度参考にしてみてください。






↑今すぐあなたの大切な不動産の最高額を確認しましょう!










あなたの大切な不動産と最後まで良い思い出を!








不動産売却に関するご質問はこちらからどうぞ。








※是非参考にしていただきたい記事↓


不動産を今、売却すべきかどうかお考えのあなたはコチラ!!



不動産を利用した相続税対策をお考えのあなたはコチラ!!



不動産の価値が今後上がるのか下がるのかを知りたいあなたはコチラ!!


オススメな媒介契約についてはコチラ!!


商業地の土地・建物や収益物件・投資物件・事業用物件の売却を検討されているあなたはコチラ!!


住宅ローンの返済がしんどい等、住宅ローン返済にお困りのあなたはコチラ!!


空き家の処分、有効利用をお考えのあなたはコチラ!!


posted by 春日YT2 at 11:10 | Comment(0) | 損をしない為の不動産仲介知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: