・3種類ある媒介契約、結局どれが最も良いのか?@


あなたが不動産の売却を不動産会社に依頼することになると、まず不動産会社と「媒介契約」という契約を交わさなければなりません。


yjimageCAN7HB0C.jpg








その「媒介契約」には3つの種類があります。









↓簡単にそれぞれの特徴を述べますと





@専属専任媒介契約

・依頼できる不動産会社は1社のみ

・個人間売買不可(売主が知り合いや身内など、個人間での売却をする際も依頼した不動産会社を介して売却することとなる。もちろん仲介手数料が発生する。)

・不動産会社は媒介契約を交わしてから5日以内(社休日除く)に、売却を依頼された不動産情報を不動産流通機構に登録しないといけない。

・不動産会社は活動報告を書面にて1週間に1回報告する義務を負う。



A専任媒介契約 

・依頼できる不動産会社は1社のみ

・個人間売買可(売主が知り合いや身内と不動産会社を介さず直接個人間で売却することが可能。その場合は仲介手数料は不要だが、不動産会社が行った広告の費用を仲介手数料の金額を上限に違約金という名目で支払わないといけない場合有り。)

・不動産会社は媒介契約を交わしてから7日以内(社休日除く)に、売却を依頼された不動産情報を不動産流通機構に登録しないといけない。

・不動産会社は活動報告を書面にて、2週間に1回報告する義務を負う。




B一般媒介契約

・依頼できる不動産会社の数に制限なし(買い手を連れてきた、又は申し込みを売主の手元に持ってきた不動産会社を介して売却することとなり、売主は仲介手数料をその不動産会社に支払うこととなる。その他の不動産会社は売主より報酬・仲介手数料を受け取ることはできない。)

・個人間売買可(売主様がご自分の知り合いや身内の方などと、不動産会社を介さず直接個人間で売却することが可能。その場合は仲介手数料は不要)

・不動産流通機構への登録、活動報告をする義務は特に定められていない。









以上のようにそれぞれ違いがあります。











では、あなたの大切な不動産を早く高く(最高額で)売却するには、一体どの媒介契約が最も良いのか?









続きは>、「3種類ある媒介契約、結局どれが最も良いのか?A」で3種類の媒介契約のメリット・デメリットを記載しておりますのでご参照ください。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: