・売却金額すべてが手元に残るわけではない!


あなたが所有されている不動産を2,500万円で売却するとします。








さてこの場合、あなたの手元には2,500万円残るかというと…









残らないのです。

大損.jpg







理由は不動産の売却・引き渡しが完了するまでに(所有権を買主に移すまでに)支払わないといけない「諸費用」と呼ばれる下記に記した3つの経費が掛かってくるからです。








@仲介手数料
売却を依頼した不動産会社に支払う金銭で、金額が成約価格×3%+6万円と消費税<が上限で定められています。ちなみに2,500万円で成約となった場合は874,800円です。



A登記費用
司法書士事務所に支払う金銭。住宅ローンが残っていたり、現在の住民票上の住所と登記上の住所が違うなど、また地域によっても金額に差が生じます。目安として3万円から8万円程。



B印紙代
税法で定められており、2,500万円で成約の場合は10,000円分の収入印紙を売買契約書に貼付しなければなりません。





※基本的には上記の3点ですが、物件によっては境界を確定しないといけなかったり、更に測量士を入れないといけないケースもあります。









ですので、2,500万円から上記3点の諸費用を引きますと、売主の手元には2,400万円程が手元に残ることになります。








ご参考にしてください。








また上記3点以外に「折込広告をしたので、その広告費を支払ってくれ。」と言ってくる不動産会社には、くれぐれも売却の依頼をしないようにしてください。宅建業法違反です。(ただし、売主より依頼され行った多大な費用が生じる特別な広告、例えば新聞まるまる一面を押さえてくれといった場合等は、合法的に広告費請求される可能性があります。)




posted by 春日YT2 at 20:25 | Comment(0) | 損をしない為の不動産仲介知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: