・消費税が8%の今(消費税が10%に上がるまでに)、不動産を売却すべきか否か。@


※消費税は2014年4月1日から8%となり、さらに延期はされましたが2019年10月1日には10%に上がる予定です。

消費税アップ.gif







さて、不動産売却を検討されておられる方で、消費税が10%にまで上がってしまうと不動産購入時に必要となる消費税だけでもバカにならない金額になるので、不動産購入の需要が減ってしまう危険性があるので、消費税が8%である今売却しておくべきなのでは?というお考えの方も多いのではないでしょうか。









3,000万円の不動産を購入すると消費税が8%の今なら消費税だけで240万円!?消費税が10%まで上がったら消費税だけで300万円!?




↑あなたもこのように思われるているのではないでしょうか?









実際は3,000万円の不動産を購入する場合、消費税が10%であれば300万円の消費税を支払わないといけないかというと、









そうではありません。。










何が間違っているかといいますと、







@土地はすべて非課税となります。(消費税はかかりません。)


A売主が一般の個人である不動産も非課税となります。(土地だけでなく建物も非課税。)
※つまり、基本的にお住まいされていた方が売りに出されている中古住宅は非課税ということになります。中古住宅でも不動産業者など課税業者が所有している場合は建物にのみ消費税がかかります。(不動産業者が競売物件を安く購入し、リフォームして転売している場合などは建物価格にのみ消費税が掛かってきます。)









つまり、あなたやあなたの身内のお名前で所有権登記されている不動産を購入する方は消費税を払う必要はないのです。




※ただし、購入時に必要となる諸費用(登記費用や仲介手数料、火災保険料など)には消費税がかかりますので、消費税が8%から10%に上がると、売却時に必要となる費用の金額が上がってしまいます。









では、以上を踏まえた上で消費税が10%にまで上がると不動産購入の需要は本当に下がってしまうのでしょうか?








続きは消費税が8%の今(消費税が10%に上がるまでに)、不動産を売却すべきか否か。Aをご覧ください。
【消費税が8%の今(消費税が10%に上がるまでに)、不動産を売却すべきか否か。の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: