・今、不動産は売り時か?買い時か?(2017年)

2017年、不動産は買い時か?売り時か?といえば、まぁ




間違いなく買い時ですし、売り時でもあるでしょう。



理由は銀行の不動産融資審査が非常に緩くなっており、かつ住宅ローン金利がかつてない程の低金利です。




何故このように低金利で借入しやすい状況になったのかというと、東京オリンピックやアベノミクス等の影響からか不動産市場の景気が良いことと、日銀のマイナス金利によるものです。

参考記事↓
不動産融資、3年連続最高=マイナス金利で14%増−16年
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020900427&g=eco





これが全く逆の状況(不動産市場の景気が悪くなり、マイナス金利も廃止された状況)になると、銀行の融資審査はグンと厳しくなり、今のように低金利で借入するのは難しくなるでしょう。






このような状況になると、不動産を買い辛くなる訳ですから、自動的に不動産価格を下げないと売れない売り手にとっては最悪の状況になってしまう訳です。

※実際、2017年に入ってからですが、金融庁から不動産流通状態を引き締めるよう金融機関に通達があったようで、若干融資審査が厳しくなっているのと同様、融資金利も若干上がってきています。マイナス金利が廃止され、融資金利が上がり、不動産価格がガクンと下がる日も近いかもしれません。






ここで多くの方が気にされるだろうと思われるのが、現状は「景気が良くて融資が付きやすく買いやすい」ということは『不動産相場が上がっているということ(2017年3月発表の公示価格は住宅地も商業地も全体的に上昇)』だから、そんな相場が上がっている高値の時期に不動産を買ったら損をするのでは… という点です。







確かにおっしゃられる通りで、現在、不動産価格は高騰しております。

〈参考記事〉公示地価、住宅地9年ぶり上昇 低金利けん引↓
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H3O_R20C17A3000000/

※不動産価格高騰については一部該当しない地域もございます。









しかし、不動産価格が高騰しているから買い時ではない!という訳ではありません。







以前は住宅ローンの金利が1%位だったのが、今は0.5%前後の金利で借入が出来ます。(三井住友信託銀行等。。。)




月々返済額や総返済額を比べてみると、




返済額が安く収まるのは低金利である今です!




              
※以前の金利(1%)で借入金額3,000万円の場合/35年返済↓
月々返済額/84,685円  総返済額/35,567,998円
※現在の金利(0.5%)で借入金額3,200万円の場合/35年返済↓ 
月々返済額/83,067円  総返済額/34,888,274円



↑不動産価格の高騰により、以前3,000万円だった不動産が3,200万円に上がっていると仮定し、以前(数年前)の金利と現在の金利での住宅ローン返済例を比較してみました。
※35年返済にて計算。





ということで、上記返済例の比較より、不動産相場は上がっていますが、住宅ローンの月々返済額・総返済額は下がっていますので以前以上に不動産を買うべきオススメな時期であるということです。







つまり、不動産市場の景気が良い今は、売る方だけでなく、買う方にとっても今は絶好のチャンスのです。







ちなみに今現在も不動産相場は上がっていますから、購入するなら半年、いや1ヶ月でも早く購入された方がいいでしょう。





売却を検討されている方も、不動産相場が上がっているとはいえ、これ以上相場が上がりきってしまうと上記で記した住宅ローン返済金額が以前(数年前)以上まで上がってしまいますから、そうなると「今、不動産は高いから買い時ではない。」といった考えが巷で広まり(今はネット等の情報ですぐ広まります)、たちまち不動産市場は不景気になり、不動産価格は下落の道を辿ることも大いに考えられます。

※実際、都心のマンションは値段が上がりすぎて買える人がおらず、売れ残りが増える程までとなっています。






もしかすると下落の予兆はもう始まっているのかもしれません。↓
〈参考記事〉世田谷のマンション市場で何が起きているのか
https://dot.asahi.com/aera/2016081200127.html

〈参考記事〉新築マンション価格が高騰しすぎて売れない! 大手ゼネコンも苦悩する実情
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170305/mca1703051307001-n1.htm







少しでも売却を考えておられるのであれば、是非一度、今の相場をお確かめください。







ここで役に立つのが『不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)』です!









お仕事で忙しくあまり時間が取れないあなたでも、1分ほどの入力でセンチュリー21や東急リバブル等の大手不動産会社や地元不動産業者含め最大6社(売却を検討されておられる所在地を入力すると自動で選択されます。)からの見積(査定額)を一度に確認・比較できます。


センチュリー21.gif

東急リバブル.jpg





入力が終わりますと、数日中にメールもしくは電話にて見積(査定)を依頼された本人かどうかの確認の連絡が入ります。







普通に6社に見積(査定)依頼を申し込むと、6回電話や面談で同じような質問に答えなければならないところが、







たった1回で済みます。









この1分ほどの入力であなたの大切な不動産の現在の相場が分かります。






本当に1分で済みますので、お忙しいあなたに最適です!







ちなみに不動産ネット査定(オンライン一括査定サイト)は完全無料!です。







現在、様々な不動産一括査定サイトが出回っていますが、日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」が最もオススメです。↓

日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」〜簡単1分!完全無料!あなたの不動産の地価・相場を今すぐ確認!〜





☆「イエイ」がオススメである10の理由

@日本で最初に不動産一括査定サービスを始めたパイオニアサイトである。(10年間の実績有り)
A加盟している不動産会社の数が全国1,000社以上あり、エリアカバー率は圧倒的No.1を誇っている。
加盟している不動産会社の一部↓
イエイ2016加盟企業.png
B現在までに国内最多の300万人以上が利用している。(毎月3,000件以上の査定依頼あり!)
Cお客様からの評判が悪い・クレームが多い不動産会社は加盟契約が解除されるシステムを採用しており、厳選された優良な不動産会社が査定額を提示してくれる。
D顧客満足度97%!
E査定額に納得いかなければ、気軽にお断りが可能である。ご自身で断りづらい場合などは、イエイが不動産会社へ代行連絡し、お断りもしてくれます。
F「とりあえず所有している不動産の現在価格が知りたいだけ。」という方でもご利用OK!
G室内を見られたくない場合は机上査定(建物室内の確認は行わず、土地の大きさ、建物の規模・築年数のみで査定)での相場確認も可能!
H最初から最後まで一切費用がかからない。
I入力はわずか60秒、あとは連絡を待つだけでOK!(24時間、年中無休で受付中!)







しかも今なら売却が決まれば、お祝い金として最大10万円分の商品券が全員貰えます!!






ご存知と思いますが、不動産の金額・相場というものは変動します。少しでも高く売れる内に、賢く売却を済ませてしまいましょう!!









不動産一括査定サイト「イエイ」で今すぐご所有不動産の相場を確認されるあなたはこちら!↓
日本最大級の不動産売却専門サイト「イエイ」〜簡単1分!完全無料!あなたの不動産の地価・相場を今すぐ確認!〜















不動産一括査定サイト「イエイ」の具体的なご利用方法・手順・入力内容はこちらをご参照ください。⇓
不動産一括査定サイト「イエイ」のご利用方法・手順・入力内容の説明。











不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)の利用を躊躇されているのであれば、不動産ネット査定(不動産オンライン一括査定サイト)を利用された方の声を一度参考にしてみてください。










あなたの大切な不動産を損をすることなく少しでも高値で売却しましょう!







※是非参考にしていただきたい記事↓


不動産を利用した相続税対策をお考えのあなたはコチラ!!



不動産の価値が今後上がるのか下がるのかを知りたいあなたはコチラ!!


オススメな媒介契約についてはコチラ!!


商業地の土地・建物や収益物件・投資物件・事業用物件の売却を検討されているあなたはコチラ!!


住宅ローンの返済がしんどい等、住宅ローン返済にお困りのあなたはコチラ!!


空き家の処分、有効利用をお考えのあなたはコチラ!!


posted by 春日YT2 at 00:00 | Comment(0) | 今、不動産は売り時か?買い時か? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: